COUPNUM 関数は受渡日から満期日までに利息が支払われる回数を返します。

たとえば、COUPNUM 関数を使用して、証券の利息の残り支払い回数を計算できます。

COUPNUM(Settlement, Maturity, Frequency)

引数データ型説明
Settlement (必須)日付証券の受渡日: 証券が買い手に受け渡される日付
Maturity (必須)日付証券の満期日: 証券の支払期日
Frequency (必須)数値

年間の利払回数 

利息支払回数に応じて以下のいずれかの数値を入力します。

  • 年 1 回の場合は 1
  • 年 2 回の場合は 2
  • 四半期ごとの場合は 4

この引数で 1、2、4 以外の値を使用した場合は空白の結果が返されます。

COUPNUM 関数は数値を返します。

  • 受渡日と満期日は 01/01/1900 ~ 12/31/2399 の間にする必要があります。
  • 満期日は受渡日より後にする必要があります。

現在、Polaris では財務関数を使用できません。Anaplan の計算エンジンの違いについてはこちらのリンクを参照してください。

COUPNUM

こちらの例では、二つの式で受渡日から満期日までの利払回数を計算しています。一つ目の式では Frequency 引数に 1 を使用しているため、利払回数は年に 1 回となります。二つ目の式では Frequency 引数に 4 を使用しているため、四半期ごとに利払が行われます。

Formula (式)説明結果
COUPNUM(DATE(2021, 1, 15), DATE(2024, 1, 15), 1)

こちらの例では、利息の支払頻度が年に 1 回という条件で利息の支払回数を計算しています。

受渡日は 01/15/2021 で満期日は 01/15/2024 です。

3
COUPNUM(DATE(2021, 1, 15), DATE(2024, 1, 15), 4)

こちらの例では、利息の支払頻度が年に 4 回という条件で利息の支払回数を計算しています。

この例では、受渡日として 01/15/2021、満期日として 01/15/2024 を使用しています。

12