IPMT 関数では、指定した支払期間でローンの利息部分として支払われる金額を計算します。この関数では、各期間の金利と支払いのタイミングが一定であるとみなされます。

たとえば、IPMT 関数を使用して、ローン支払い期間における支払利息の変化を確認できます。

IPMT(Interest rate, Period to examine, Number of periods, Present value [, Future value] [, Payment timing])

引数データ型説明
Interest rate (必須)数値

各期間の Present value に適用される金利。

この引数はパーセント形式で使用します (たとえば、0.1 は 10% を表します)。

Period to examine (必須)数値支払利息額を返す期間
Number of periods (必須)数値Present value の支払いを行う期間数
Present value (必須)数値Number of periods の期間で支払われる合計額
Future value数値前回の支払い後のローン残高。省略した場合は 0 とみなされます。
Payment timing数値

利息支払が各期間の最初と最後のどちらで行われるか。

0 にした場合、支払いは各期間の最後に行われます。Payment timing 引数を省略した場合のデフォルトの動作です。

0 以外の値にした場合、支払いは各期間の最後に行われます。

IPMT 関数は Period to examine の支払利息である数値を返します。

Period to examine 引数と Number of periods 引数では、利息が発生する期間数、及び利息を表示する期間を指定できます。

Interest ratePeriod to examineNumber of periods の各引数で指定する値では、すべて同じタイム スケールを使用する必要があります。たとえば、期間が年の場合は年間の金利を指定する必要があります。

Present value 引数か Future value 引数で指定した値、又は IPMT 関数では次が返されます。

  • 正の値は配当や貸付金など、受け取ったお金を表します。
  • 負の値は保証金や利息支払など、支払ったお金を表します。

現在、Polaris では財務関数を使用できません。Anaplan の計算エンジンの違いについてはこちらのリンクを参照してください。

IPMT

こちらの例では、モジュールの行に八つのライン アイテム、列に「Loans」リストがあります。最初の四つのライン アイテムには、IPMT 関数の各必須引数のデータがあります。五つ目のライン アイテムでは IPMT 関数を使用して利息支払を計算しています。

六つ目と七つ目のライン アイテムには、IPMT 関数のオプション引数のデータがあります。八つ目のライン アイテムでは、IPMT 関数を使用し、両方のオプション引数を適用して利息支払を計算しています。


Loan 1Loan 2Loan 3Loan 4Loan 5
Present value70,000330,000500,000500,000500,000
Interest rate5.5%3.5%1.44%1.44%1.44%
Period to examine11101010
Number of periods625252525

Interest due for period

IPMT(Interest rate, Period to examine, Number of periods, Present value)

-3,850-8,475.38-4,898.82-4,898.82-4,898.82
Future value030,000010,00010,000
Timing00001

Amended interest due for period

IPMT(Interest rate, Period to examine, Number of periods, Present value, Future value, Timing)

-3,850-8,195.87-4,898.82-4,852.79-4,783.90