PRICE 関数は、利息が定期的に支払われる証券に投資される 100 通貨単位あたりの価格を計算します。

PRICE 関数を使用して、証券の最終価値に対して支払う金額を計算することで投資収益率を求めることができます。

PRICE(Settlement, Maturity, Rate, Yield, Redemption, Frequency[, Basis])

引数データ型説明
Settlement (必須)日付証券の受渡日:証券が買い手に受け渡される日付
Maturity (必須)日付証券の満期日:証券の支払期日
Rate (必須)数値証券の年次利払日
Yield (必須)数値証券の年利回り
Redemption (必須)数値証券が満期を迎えた時に受け取る支払い
Frequency (必須)数値

年間の利払回数

利息支払回数に応じて以下のいずれかの数値を入力します。

  • 年 1 回の場合は 1
  • 年 2 回の場合は 2
  • 四半期ごとの場合は 4
Basis数値

1 年間の日数は基準によって決まります。

基準ごとの 1 年間の日数は以下のとおりです。

  • 基準として米国 (NASD) 方式 30 日/360 日、実際の日数/360 日、30 日/360 日 (ヨーロッパ方式) が使用された場合は 360 日
  • 基準として実際の日数/365 日が使用された場合は 365 日
  • 実際の日数/実際の日数が使用された場合は 365 日または 366 日

COUPDAYS のデフォルトの基準は 30 日/360 日 (米国方式) です。0 を入力することでこれを指定することもできます。

異なる種類の日数計算基準を使用するには、以下を入力します。

  • 1: 実際の日数/実際の日数
  • 2: 実際の日数/360 日
  • 3: 実際の日数/365 日
  • 4: 30 日/360 日 (ヨーロッパ方式)

基準で日数の計算に使用される規則についてはこちらのリンクを参照してください。

PRICE 関数は数値を返します。

受渡日から満期日までに利払いが 2 回以上ある証券の場合、その価格は次の式で計算します。

Price=[redemption(1+yldfrequency)N1+DSCE]+[k=1N100ratefrequency(1+yldfrequency)k1+DSCE]100ratefrequencyAEPrice = \left [ \frac {redemption} {\left ( 1+\frac{yld}{frequency} \right )^{N-1+\frac{DSC}{E}}} \right ] + \left [ \sum_{k=1}^{N} \frac {100 * \frac{rate}{frequency}} {\left ( 1+\frac{yld}{frequency} \right )^{k-1+\frac{DSC}{E}}} \right ] - 100 * \frac{rate}{frequency} * \frac{A}{E}


受渡日から満期日までに利払いが 1 回ある証券の場合、その価格は次の式で計算します。

DSR=EADSR = E – A


Price=100ratefrequency+redemptionyldfrequencyDSRE+1<ul><li>100ratefrequencyAE</li></ul>Price= \frac {100 * \frac{rate}{frequency} + redemption} {\frac{yld}{frequency} * \frac{DSR}{E}+1} <ul> <li>100 * \frac{rate}{frequency} * \frac{A}{E}</li> </ul>


証券の利率が 0% で利払いがない場合、その価格は次の式で計算します。

Price=redemption(1+yld)nPrice = \frac{redemption}{(1 + yld)^{n}}


これらの式の内容は以下のとおりです。

  • E: 受渡日を含む利払期間の利払日数
  • A: 受渡日より前の利払日数
  • DSC: 受渡日から次の利払日までの利払日数
  • DSR: 受渡日から満期日までの利払日数
  • yld: 利回り
  • N: 受渡日から満期日までの合計利払期間数
  • n: 分数としての満期までの年数 (基準を使用して計算)
  • 受渡日と満期日は 01/01/1900 ~ 12/31/2399 の間の有効な日付にする必要があります。
  • 満期日は受渡日より後にする必要があります。
  • 利率は 0 より大きくする必要があります。
  • 利回りは負の 1 より大きくする必要があります。
  • 償還額は 0 より大きくする必要があります。
  • 利息支払回数は 1 (年 1 回)、2 (年 2 回) または 4 (四半期ごと) のいずれかにする必要があります。
  • 基準を指定する場合は、0 (30 日/360 日 (米国方式))、1 (実際の日数/実際の日数)、2 (実際の日数/360 日)、3 (実際の日数/365 日)、または 4 (30 日/360 日 (ヨーロッパ方式)) のいずれかにする必要があります。

現在、Polaris では財務関数を使用できません。Anaplan の計算エンジンの違いについてはこちらのリンクを参照してください。

PRICE

以下の例では PRICE の計算で基準を指定しています。

Formula (式)説明結果
PRICE(DATE(2015, 1, 15), DATE(2018, 1, 15), 0.12, 0.10, 100, 1, 4)

このサンプル式の内容は以下のとおりです。

  • 受渡日: 01/15/2015
  • 満期日: 01/15/2018
  • 利率: 0.12 (12%)
  • 利回り: 0.10 (10%)
  • 償還額: 100 通貨単位
  • 頻度: 1 (年に 1 回)
  • 基準: 4 (30 日/360 日 (ヨーロッパ方式))
104.97

以下の例では PRICE の計算で基準を指定していません。そのため、基準はデフォルトの30 日/360 日 (米国方式) となります。

Formula (式)説明結果
PRICE(DATE(2015, 1, 15), DATE(2018, 1, 15), 0.12, 0.10, 100, 4)

このサンプル式の内容は以下のとおりです。

  • 受渡日: 01/15/2015
  • 満期日: 01/15/2018
  • 利率: 0.12 (12%)
  • 利回り: 0.10 (10%)
  • 償還額: 100 通貨単位
  • 頻度: 1 (年に 1 回)
105.13