IRR 関数は一連の入出金における内部利益率を計算します。タイムスケール全体のすべての取引で使用することも、特定の日付の指定した取引で使用することもできます。

内部利益率とは、投資によって生み出されることが想定される年利益率のことです。IRR 関数を使用して投資数を評価し、最も効率的な投資を特定できます。

IRR 関数には二つの異なる構文があります。適用される構文は、関数で使用する引数が二つを超えるか二つ未満かによって異なります。

IRR(Cash flow [, Estimate])

IRR(Cash flow, Dates, Transactions [, Estimate])

引数データ型説明
Cash flow (必須)数値

入金と出金を表す一連の正と負の値を含むライン アイテム。

この引数で使用するライン アイテムにはタイム スケールが必要です。

Estimate数値

IRR の推定値。この引数ではパーセンテージ形式を使用するため、0.1 は 10% と等しくなります。

この関数は省略でき、使用した場合は IRR 関数の結果計算速度が速くなります。

引数データ型説明
Cash flow (必須)数値

入金と出金を表す一連の正と負の値

Transactions 引数でディメンションとして使用されているリストが必要です。

Dates (必須)日付Cash flow 引数の各値に関連付けられている日付
Transactions (必須)リスト取引のリスト。Cash flow 引数と Dates 引数の共通のディメンションにする必要があります。
Estimate of rate数値

IRR の推定値。この引数ではパーセンテージ形式を使用するため、0.1 は 10% と等しくなります。

この関数は省略でき、使用した場合は IRR 関数の結果計算速度が速くなります。

IRR 関数は数値を返します。

IRR は以下の数式に対する反復解です。

0=i=1Npi(1+IRR)di/3650 = \displaystyle\sum_{i = 1}^{N} \dfrac{p_i}{(1+IRR)^{d_i/{365}}}

この数式の内容は以下のとおりです。

  • N: キャッシュフローの合計数
  • Pi: i 番目のキャッシュフロー
  • di: 最初の期間の開始からの日数

日付パラメーターなしで IRR 関数を使用すると、一連の定期的なキャッシュフローの内部利益率が計算されます。

日付パラメーターありで IRR 関数を使用すると、うるう年の影響を軽減することで予測精度を上げることができ、非等価時間間隔キャッシュフローが計算に含まれる場合があります。

IRR 関数を使ってユーザー リストを参照できます。ただし、ユーザー リスト内の特定のユーザーは、内容が変化して式が無効になる可能性がある本番データであるため参照できません。

Cashflow 引数には正の値と負の値が少なくとも一つずつ必要です。

現在、Polaris では財務関数を使用できません。Anaplan の計算エンジンの違いについてはこちらのリンクを参照してください。

この例では二つのモジュールを使用しています。一つ目のモジュールである「Annual cash flow」には「Cash flow」ライン アイテムがあり、タイム スケールに設定されています。「Cash flow」ライン アイテムには正の値と負の値の両方があります。


FY20FY21FY22
Cash flow-100,0000130,000

二つ目のモジュールにはパーセント形式のライン アイテムが一つあります。このライン アイテムには、一つ目のモジュールの「Cash flow」ライン アイテムを含む IRR を使用する式があります。IRR 関数では値が一つしか返されないため、時間ディメンションは不要です。



IRR of annual cash flow

IRR('Annual cash flow'.Cash flow)

14.0%

この例ではモジュールを二つ使用しています。ソース モジュールの「Plant Transaction Data」は「Transactions」リストと「Plants」リストでディメンション化されています。行に「Transactions」、ページに「Plants」があり、「Plant 1」が選択されています。

Plant Transaction Data」モジュールには取引の値、取引の日付、一部の取引の説明が含まれています。


説明キャッシュフロー日付
Transaction 01Land purchase-100,0001/1/2011
Transaction 02Turbine purchase-850,0001/1/2012
Transaction 03Energy generation revenue200,0001/3/2013
Transaction 04Energy generation revenue200,0001/3/2014
Transaction 05Energy generation revenue200,0001/3/2015
Transaction 06Energy generation revenue200,0001/3/2016
Transaction 07Energy generation revenue200,0001/3/2017
Transaction 08Energy generation revenue200,0001/3/2018
Transaction 09Energy generation revenue200,0001/3/2019
Transaction 10Energy generation revenue200,0001/3/2020
Transaction 11Energy generation revenue200,0001/3/2021
Transaction 12Energy generation revenue200,0001/3/2022
Transaction 13Energy generation revenue200,0001/3/2023
Transaction 14Energy generation revenue200,0001/3/2024
Transaction 15Energy generation revenue200,0001/3/2025
Transaction 16Final energy generation revenue200,0001/3/2026
Total
1,850,000

二つ目のモジュールでは「Plant Transaction Data」モジュールのデータを使用しており、IRR 関数で各プラントの内部利益率を計算しています。「Plant Transaction Data」モジュールに表示されているデータの内部利益率が「Plant 1」の列に含まれています。


Plant 1Plant 2Plant 3Plant 4

Internal Return Rate for Plant

IRR('Plant Transaction Data'.Cash flow, 'Plant Transactions Data'.Date, Transactions, 0.1)

18.1%12.2%13.8%9.2%