PV 関数は投資の現在価値、又はローンの元本値を計算します。

たとえば、PV 関数を使用して、借り入れできるローン金額や財務目標を達成するために必要な投資額を計算できます。

PV(Interest rate, Number of periods, Payments, Future value, Payment timing)

引数データ型説明
Interest rate (必須)数値期間ごとの金利
Number of periods (必須)数値合計期間数
Payments (必須)数値各期間の支払額
Future value (必須)数値

投資またはローンの将来価値。

ローンの場合は将来価値が 0 になります。

Payment timing (必須)数値

それぞれの支払が各期間の最初と最後のどちらで行われるかを指定します。支払いが期間の始めに行われる場合は、その期間の利息が適用されます。

この引数には値として 0 か 1 を入力できます。どちらを入力したかによって以下のように処理されます。

  • 0: 支払いは各期間の最後に行われる
  • 1: 支払いは各期間の最初に行われる

PV 関数は数値を返します。

引数を介して PV 関数に指定する値、または関数から返される値の意味は以下のとおりです。

  • 正の値は配当や貸付金など、受け取ったお金を表します。
  • 負の値は保証金や利息支払など、支払ったお金を表します。

Interest rateNumber of periodsPayments の各引数で同じ時間軸を使用する必要があります。たとえば、投資期間が 3 年だと仮定します。この場合、期間は月単位で 36 か月となるため、年間金利を 12 で割る必要があります。さらに、支払金額も月単位にする必要があります。

現在、Polaris では財務関数を使用できません。Anaplan の計算エンジンの違いについてはこちらのリンクを参照してください。

PV

こちらの例のモジュールでは、列に「Mortgages」リスト、行にライン アイテムがあります。「Interest rate」ライン アイテムではパーセンテージ形式を使用しています。

式では PV 関数を使用して、住宅ローンごとに顧客が借り入れできる金額を計算しています。各期間の末尾における 1 か月あたりの支払額を反映するために、利率が 12 で除算されています。


Mortgage 1Mortgage 2
Interest rate5%5%
Number of periods360300
Payments1000550

Principal loan value

PV(Interest rate / 12, Number of periods, Payments, 0, 1)

-$187,057.79-$94,475.04

こちらの例のモジュールでは、列に「Customers」リスト、行にライン アイテムがあります。「Interest rate」ライン アイテムではパーセンテージ形式を使用しています。

この式では PV 関数を使用して、顧客ごとに必要な投資額を計算しています。たとえば、利率が 5% の場合に顧客が 10 年間で 50,000 ドル節約するには、頭金を 30,358 ドルにする必要があります。 


Customer 1Customer 2
Interest rate5%7.5%
Number of periods12036
Future value$50,000$10,000

Present investment value

PV(Interest rate / 12, Number of periods, 0, Future value, 0)

-$30,358-$7,991